TOP > スポンサー広告 > Title - 僕のこと「ヒチャッピー」と呼んでおくれ♪TOP > 音楽 > Title - 僕のこと「ヒチャッピー」と呼んでおくれ♪

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

僕のこと「ヒチャッピー」と呼んでおくれ♪ 
ARTSの後はThe collectors のLIVE

ARTSのBONさんがものすごく薦めるバンド
ビート系バンドの元祖にしてジャパニーズ・モッズシーンのオーソリティ
キャリアはスカパラと同じ20年!!
すごい期待したわけです

LIVEが始まってギター・ベース・ドラムの音に
「おぉ~、これはプロの音や~♪」
なんて期待度は高まるわけです
collecters


でも出てきたヴォーカルが・・・


チャッピ3

なんでマラカス?!
って思うじゃない!!
タイトなピンクのシャツはピチピチ
マッシュルームカットの下は二重アゴ

正直ちょっと引いちゃって(._.;)

音は素晴らしいのですが耳に入ってきません

一緒に行った姪っこちゃんも「生理的に受け付けな~い」と言ってました

しかし、この印象がガラリと変わったのはMC

「俺達が20年続けてこれた訳は・・・ルックスだ!」

ここでホールに笑いがドカン!

これでキャパルボは一気に上がっていったような気がします

キャッチーでメロディアス
初めて聴くのに耳なじみのよい音はさすがだな~と思いました
90年代のバンドたちの音のエッセンスはここから発して行ったのだなぁとも

しかしヴォーカル加藤ひさし氏の笑いのツボも押さえての自己陶酔キャラは見事としか言えなかった


デビット・ボウイ&ミックジャガーの「Dancing in the street」を日本語訳した曲でラスト

「通りで踊ろう~♪」
そのまんまな日本語訳(笑)、ネオGSってこんな感じ?!

思わず想像してしまったデビュー当時
こんなだったりして(^_^;)
チャッピー


しかし悲しき48歳
中年街道まっちぐらのヒチャッピー

白いタンバリンは既に頭に通らず
チャッピ2


そして件のマラカスになったのであろうと思われ・・・

音と笑いで お腹いっぱいになったLIVEでした(^_^;)

コレクターズCollectors / 世界を止めて


よし!オースティンパワーズ借りに行こ♪
関連記事

THEME | GENRE 日記 |
音楽 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。