TOP > 音楽 > Title - 様をつけたくなる人…古澤巌さま

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07



様をつけたくなる人…古澤巌さま 
ヤッセンボー様

ハブクラ様

そして、古澤 巌 様♪
(最近これにオゴージョ様が参入ww)

昨年10月20日のLIVEレポを今ごろ・・・

マニアな自分が唯一堂々と「ファンです♪」と言える古澤さま♪

あとは言うに言えない・・・(^_^;)


指宿 薩摩伝承館での生音コンサートもこれで3回目

あの古澤さまのヴァイオリンを生音で、しかも目の前で拝聴できる貴重なコンサート

前回に引き続きLe Grand Amourツアーで指宿にいらした古澤さま

伝承館スタッフの極秘情報によると、前日には指宿入り

入念なリハーサルをされ、砂むし温泉も楽しまれてキンゴキンゴ状態

だっからよ~♪
コンサートでの古澤さまが毎回ピッカピカなのは!!

古澤san

コンサートは新譜の【Le Grand Amour~想いの届く日】の曲順に沿って演奏

1.我が母の教えたまえし歌
2.めぐり逢い
3.バークレースクエアのナイチンゲール
4.ニューシネマパラダイス 愛のテーマ
5.グーセフ
6.煌きの大地へ
7.シェルブールの雨傘
8.You Raise Me Up
9.愛の讃歌
10.ORION~運命~
11.想いの届く日
アンコール
チャールダーシュ


まずは美しい旋律の静かな曲
「我が母の教えたまえし歌」からスタート


肩にブルーの当て布をおかれ、すっと一息
ヴァイオリンを構える一瞬の間が好き

そのあとに紡ぎだされる音

毎回、息をのんでその瞬間を待ってしまう


「めぐり逢い」
イタリア映画の曲
エンニオ・モリコーネがお好きで、よく演奏される

この日のバックをつとめられたのはピアノ林さん
ベースギターのクリスさん


「バークレースクエアのナイチンゲール」
マンハッタントランスファーのこの曲
ジャズっぽい感じで林さんのピアノがいい感じでハネていた

にしても林さん年々丸くなっていくなぁ・・・
クリスの巨漢は変わらずだけど(^_^;)


「ニューシネマパラダイス 愛のテーマ」
またまたモリコーネの曲
美しい旋律は古澤さまのヴァイオリンとなんて合っているのだろう!


「グーセフ」
チェーホフの作品にインスピレーションを受けた曲
日本の作曲家あべあつしの作品
ピアノの下で寝る変な癖のある作曲家で愛妻家
「愛にあふれる作品です」
と例のボソボソ声で、なぜか照れながら紹介されてた(^o^*)


「煌きの大地へ」
いろいろな奏法が詰め込まれた曲
走って、駆けて、踊ってる感じ♪

何気なく弾いてらっしゃるけど
「若い頃は難しくて弾けなかった曲です」
と告白

難解な曲には、さすがのテクニックが盛り込まれているわけか・・・♪

古澤さまは日本を代表するヴァイオリニストであり、葉加瀬太郎の大先輩であるけど、実はヴァイオリンの細くて甲高いキィキィした音が苦手

だからヴァイオリン用の細いのでなく、チェロ用の太い弓を使われる

これが古澤さまのあの力強くも繊細な音を創り出すヒミツ

このヒミツに気づいた古澤さま
その時のことを
「納豆にピータンを合わせた驚きの美味しさぐらいの衝撃でした」
と表現されたが・・・

その例え・・・よく分からない(^_^;)

でも古澤さまの体型(リーチが短い)に合っていて、大きな音が出るのでチェロ弓が止められないとのことだった

他の演奏者にも勧めているが実践される人はいないそうで、古澤さまの唯一無二の音はここでも証明されてしまった♪

伝承館でのコンサート
スノッブな客層に合わせてか今までスーツスタイルだったのに、今回はバイキングスタイルの古澤さま♪

野外LIVEなどでお馴染みのラフスタイル

こっちも拝見して見たかったので良かった~♪
渋く上品なスーツ姿もよいけど、こっちのワイルドなスタイルもいいぜ!
「ヴァイオリンもワイルドに吠えるぜっ!!」

ここで休憩

一旦、古澤さまはステージをひかれ、林さんのソロ曲
音階のソ推しの曲ということで、かなりアバンギャルドな曲だった(^_^;)


休憩あけ
「シェルブールの雨傘」
これもまたジャズアレンジ
青の肩布がピンクにチェンジ♪


「You Raise Me Up」
ケルティック・ウーマンがカヴァーしたことで知られている曲
曲感を「元気な甘えん坊」と表現された古澤さま
またしてもその例え・・よく分かんない

優しい牧歌的な曲でおだやか~な気分になれる♪


「愛の讃歌」
シャンソンの有名な曲
でも古澤さまが演奏するとハネる♪揺れる♪ベースもきいている
スカパラもカヴァーしてるけど、色んなアーティストのアレンジが楽しめる曲


「ORION~運命~」
メタリカの曲
アルバムでは太鼓・三味線と共演
挑戦的なアレンジとなった1曲
ズシンと来る低音のピアノ音から始まった演奏は終始ヘビー


「想いの届く日」
ラストはアルバムタイトル曲
とても甘くて優しい曲
古澤さまに笑顔がうかんでいるのを見てHappyな気分になった♪


「神社仏閣を回るとご利益があるそうですが・・・伝承館もご利益ありそうですよね」
と古澤さま

毎回、指宿での朝の散歩を楽しみにされているそう♪


アンコール
「チャールダーシュ」

私の大好きなこの曲
私のイメージは収穫を祝う農民のダンス
それだけに手拍子・足踏みしたいけど、ここは伝承館
がまん、がまん(^_^;)

いつか野外LIVEに出かけたときは、めいいっぱい手を打ち鳴らそう~~~♪


コンサート終了後
前回は幸運にもアルバムにサインを頂けた
(私の宝!)

なんと今回は!!

今回は!!
古澤さまとツーショット写真を撮っていただいた♪♪♪
スタッフKさんありがとね~♪貴女のおかげです♪

その写真嬉しすぎていまだにまともに見れてない(///▽//)
ブログにも載せきれんかった(照)
私だけのヒミツ~♪♪♪


来年も必ずきてくださいね♪
竹中直人さん・・・ちがった!古澤さま♪(笑)

関連記事

THEME | GENRE ブログ |
音楽 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry